坂戸市予防接種情報提供サービス

インフルエンザの流行注意報が発令されました

今シーズンのインフルエンザは11月に流行期に入りましたが、12月に入りさらに患者数が増加しています。埼玉県の感染症発生動向調査によると、平成28年12月19日から25日の埼玉県内1医療機関(定点)当たりの報告数は13.37人となり、国の定める注意報の基準値である10人を超えました。
インフルエンザの感染を予防するためには『咳エチケット、手洗い、適度な湿度の保持、十分な栄養とバランスの取れた栄養摂取』がポイントです。
≪戻る