坂戸市予防接種情報提供サービス

日本脳炎予防接種の対象年齢の拡大について

■接種対象年齢の特例
 平成17年度から平成21年度にかけて日本脳炎の予防接種は積極的な接種勧奨が差し控えられていました。そのため、第1期初回、追加、第2期の合計4回の接種が済んでいない方の接種の機会を設けるため接種年齢を拡大して実施します。

●特例対象者の接種年齢
 平成7年4月2日から平成19年4月1日までに生まれた方は20歳の誕生日の前日まで
 これまでに1回も接種したことがない方、全4回の接種が完了していない方は、必ず年齢内に接種してください。

●接種間隔
 これまでにまったく接種していない方は、標準的な接種間隔で接種してください。
 過去に接種したことがある方は、それぞれの間隔を6日以上あけて接種してください。ただし、第2期については、9歳以上(標準的には小学校4年生)で接種をしてください。

●標準的な接種回数・接種間隔
 第1期初回は6日から28日までの間隔で2回、その1年後に第1期追加、その概ね5年後に第2期

●対象年齢…生後6か月から7歳6か月に至るまで

●標準的な接種年齢…3歳

●接種間隔…6日から28日までの間隔で2回接種


■第1期追加
●対象年齢…生後6か月から7歳6か月に至るまで
●標準的な接種年齢…4歳
●第1期初回2回の接種終了後、おおむね1年おいて1回接種

 

■第2期
●対象年齢…9歳から13歳未満
●標準的な接種年齢…小学校4年生
●第1期初回及び追加の接種が済んでいる方が1回接種


詳しくは、市民健康センターへお問い合わせください。


坂戸市立市民健康センター予防担当

電話番号:049-284-1621
sakado55@city.sakado.lg.jp


登録日: 2011年6月15日 / 更新日: 2014年10月3日
≪戻る